DISCOGRAPHY -- STONE LOVE MOVEMENT --

-OFFICIAL CD- STONE LOVE IN LIVING COLOR AT JUGGLIN CITY
(SONY RECORDS) 1995




-OFFICIAL CD- STONE LOVE CHAMPION SOUND (REGGAE LOUNGE RECORDS)



STONE LOVE MOVEMENT (SIR GEORGE)



STONE LOVE IN JA & UK (SIR GEORGE)



STONE LOVE VOL.3 (SIR GEORGE)



STONE LOVE VOL.4
DON'T TEST THE LOVE (SIR GEORGE)




STONE LOVE VOL.5 VARIOUS ARTISTS (SIR GEORGE)



FROG DRESS INNA CORDIROY (VP RECORDS) 1994



STONE LOVE MOVEMENT
THE ULTIMATE DANCEHALL EXPERIENCE (NOVEMBER RECORDS) 1995




STONE LOVE DANCEHALL VOL.3 (VP RECORDS) 1995



IT'S A STONE LOVE THING (VP RECORDS) 1998

RORY for STONE LOVE x AnSWeR -OFFICIAL COLLABORATION-


JUNGLE STUDIO

-STONE LOVE & RORY PROFILE- text by OKINO

 ジャマイカのレゲエ・シーンと共にあるサウンドシステム・ビジネスの中で、そのムーヴメントを長年に渡ってリードしてきたのがSTONE LOVEであろう。その中心的存在であるWEE-POW
は1972年に自分のサウンドシステムを有名なソウルの曲からとった「STONE IN LOVE」という名で開始、後に「STONE LOVE」とし、本格的に活動を拡げていった。
 そのWEE-POWと共にSTONE LOVEのセレクション、オリジナリティ溢れるミックスやプレイ・スタイルを確立し、現在ある多くのサウンドシステム・セレクターに大きな影響を与えたのがRORYである。RORYは英国生まれだが、ジャマイカに移り高校を出た後1984年にSTONE LOVEのセレクターとして活動を開始、独特のセンスで80年代後半にはメインセレクター/MCとしてSTONE LOVEに欠かせない存在となった。DJやシンガーのラバダブがメインだったサウンドシステムが、選曲とMCを中心にした「ソウルセット」とも呼ばれたスタイルにやがて変わっていったのもSTONE LOVEやRORYの影響が大きいはずだ。またRORYは常に最新のダンスホール・ファッションでプレイし、サウンドシステム・シーンのアイコンとして注目された。
 現在も彼は世界中をツアーしたりレーベル・プロデュースをしたりと新しい世代を支えながらも不滅のSTONE LOVEサウンドを支え続けている。




STONE LOVE OFFICE - WEDDI WEDDI PLACE -




JUNGLE STUDIO












AUGUSTUS PABLO STYLE




TOP OF TOP SELECTOR INNA DI WORLD




RORY, STEPHEN (ROOTS UNDERGROUND)